スキンケア情報室

2012年 秋
困った時には ケア&リッチ

ツッパリは突然やってくる

久美

お早うございます。


室長

久美さん、何だか顔がこわばっていますが大丈夫ですか?


久美

良くぞ聞いて下さいました、室長。ご推察の通り顔がゴワゴワカサカサで話すのもままならないんですが… でもお話しすると、今朝顔を洗ったら、バリバリにツッパッちゃったんです。あわててローションなど一通りつけて何とか落ち着いたのですが、こうしてしゃべるだけでも顔がはがれてきそうな気がして、こわいんです。


室長

そりゃ大変ですね。実は突然のツッパリはちょうど今頃のお肌が陥りやすいトラブルなんですよ。週末はどこか行きましたか?


久美

そういえば、昨日姪っ子の運動会を見に行ったのです。とてもお天気が良くて、風は涼しかったし、競技にも熱が入っていたし、つい夢中になって応援しちゃってたんですが、日焼け対策が足りなかったかしら?



思わぬ秋の落とし穴

室長

おそらく昨日の運動会がきっかけになったのでしょうが、お肌のツッパリの根本的な原因は夏の疲れが回復しきっていなかったところにあるのです。


久美

夏の疲れですか。思い起こせばこの夏も長くキビシイ汗との戦いでした。流れる汗をぬぐいっぱなし…『やわらかいタオルで押さえるように』なんて初めのころだけで、段々気にしていられなくなってましたもの。どうせ流れちゃうと思って化粧水くらいしかつけなかったし…


室長

体温調節のために汗をかくのもお肌の重大任務ですからね。暑ければたとえ保湿化粧品や皮脂膜が流れても体温調節の方を優先せざるを得ないわけです。でも汗でふやけたり乾いたりを繰り返しているうちに、角質層が段々やせてしまうのですよ。すると、それを補おうとターンオーバーが早まりますが、未熟な角質細胞が増産されることになり、角質の保湿力がさらに弱まってしまうのです。暑い時は汗で湿っているから感じなかっただけで、実は乾燥しやすいお肌になっていたんですね。そこへお肌の乾燥を呼ぶ涼しい風が吹き始める…


久美

確かに昨日の風は本当に気持ちが良かったので、思いっきり吹かれながら観戦してました。


室長

やはりそうでしたか。ところで久美さんの心配通り、秋は日焼けにも要注意です。秋の紫外線は、夏に比べて表皮にダメージを与え炎症を起こすUVB量は減っていますが、真皮にダメージを与えるUVA量はあまり変わりません。また、太陽の位置が低くなっているので、帽子をかぶっていても、横から日が当たっていたりするのです。ジリジリしないからつい長時間当たってしまって、かえって多くの紫外線を浴びることになりかねません。


久美

真皮のダメージと言えば、シミ・シワ… うわあ、めまいが…


室長

しっかりして下さい。今から対策をとれば大事には至りません。とにかく早いうちにツッパリ始めたのはむしろラッキーでした。


久美

なぐさめになりません。このゴワゴワ顔を何とかして下さい。少しですけど今朝はローションもしみたので、憂鬱ですゥ。


室長

こりゃ失礼 ! では究極のケア方法を教えてあげましょう。



保護してじっと待つべし

室長

今の久美さんのお肌は、超緊急事態と言っても過言ではありません!!そういう時には、なるべくお肌の負担を少なくするため、お肌を保護するタイプのクリームで覆ってあげるだけにしましょう。アクティストシリーズの、ケア&リッチクリームがぴったりです。


久美

ケア&リッチクリームは、間違ってキズについちゃってもしみないほどマイルドですものね。カサカサ肌にもやさしそうです。でも、本当にクリームで覆うだけですか? 保湿成分をすり込まなくても良いんですか?


室長

どんなに良い化粧品でも、お肌自身に受け入れる力があってこそ効果を発揮するのです。慣れ親しんだものがしみたりするのはお肌が不安定になっているからですよ。そういう時には、表面を保護しておいてお肌が落ち着くのを待つのです。


久美

そしたら、その間メイクもやめた方が良いのでしょうか ?


室長

紫外線対策という意味で少しは必要ですね。できれば外出しない方が良いのですが、そうも言ってられないので、クリームの上からパウダーファンデーションをつけておくと良いでしょう。洗顔+クリームのケアで、一週間ほどで落ち着いて来ると思いますよ。そしたらいつものケアに戻して下さい。


久美

はーい。パウダーだけなら洗顔も楽ですしね。やっぱり室長は頼りになるなあ。


室長

知り合いの皮膚科の先生からの受け売りですけどね。



無駄なく最後まで!

久美

ところで今日のお困り相談は、そのケア&リッチクリームのことで『すぐなくなってしまうので、もっと大きい容量にして欲しい』ということなんです。


室長

なるほど。貴重なご意見として検討しましょう。当面の対策として良い方法がありますよ。クリームが出にくくなったら、キャップをしたままチューブの端を持って何回か振って下さい。遠心力で内壁に付いているクリームが口元に集まってくるので、また出やすくなります。


久美

私もやってます。時々チューブを飛ばしちゃうんですが。もうおしまいかな、と思ってからも驚くほど出てきますよね。


室長

そうなんです。ケア&リッチは、アクティストシリーズのうちでレパゲルマニウムの配合比が一番高いので、最後まで無駄なく使っていただきたいですね。


久美

本日のまとめアクティスト ケア&リッチクリーム思わぬ日焼け後や、いつもよりお肌の乾燥が気になるときは、アクティスト ケア&リッチクリームのシンプルケアがおすすめです。タップリ泡立てた石けんでさっと洗顔後、タオルで軽くお肌の水分をとり、すぐにケア&リッチクリームをいつもより多めにとってお顔の数箇所におき、指先でいつもよりさらに優しくのばして下さい。そのあと手のひら全体で包むようにしてお顔をあたため、クリームをお肌になじませて下さい。 ケア&リッチクリームは、皮脂膜の成分となるスクワランやレパゲルマニウムをはじめとするコンディショニング成分がたっぷり。ベタつかずにお肌を乾燥やダメージから保護します。




PAGETOP
相談窓口 資料請求・ご購入
フリーコール