スキンケア情報室

2013年 夏
夏こそ シルキーエッセンス!

シルキーエッセンスの役割

久美

今日も暑くなりそうですね。早速ですが、「シルキーエッセンスは『メラニンの生成を抑えて、しみ、そばかすを防ぐ』ということですが、日焼け止めにもなりますか?」 というご質問をいただいています。秋にしみなどで悩まないように今から対策を取っておきたいそうです。


室長

残念ながら、シルキーにはいわゆる日焼け止め成分に分類されるものは入っていないので、紫外線の強い時期には専用の日焼け止めを使っていただくと良いでしょう。


久美

その日焼け止め成分とはどういうものなんですか?


室長

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とがありますが、その名の通り紫外線を吸収したり散乱させたりして、紫外線の害がお肌の奥に及ばないようにするものです。紫外線吸収剤には光のエネルギーを熱に変えて発散させるものもありますが、その熱がお肌の負担になることもあるので、お肌の弱い方のために紫外線散乱剤だけを配合したものもあるそうですよ。


久美

とにかくしみの原因をカットするのが一番早いですものね! あれ、そしたら日焼け止めを使えば、美白用のシルキーはいらなくなっちゃいますね。


室長

まあまあ、慌てないで下さい。せっかく日焼け止めをつけても、泳いだり汗をかくと落ちたりしますので、いつも完璧に守れるわけではありません。また、長い時間つけっぱなしにしていると、今度は日焼け止め自体が酸化されてお肌への刺激になり、かえってしみの素になることがあるのですよ。


久美

日焼け止めを使っても、ダメージを0にするのは難しいんですね。


室長

だからこそシルキーのような、しみの素のメラニンを作らせないものが必要なんですよ。



頼もしい美白作用

久美

シルキーはどうやってメラニンの生成を抑えるんですか?


室長

この図を見てください。メラニンは表皮にあるメラノサイトという細胞で作られます。メラノサイトが紫外線や紫外線によって発生した活性酸素などから刺激を受けると増産スイッチが入ります。


久美

何工程にもなっているんですね。


室長

そうなんです。メラニン生成は、チロシンというものがドーパというものに変るところから始まります。全工程のうちの2つにチロシナーゼという酵素が働くのですが、まずシルキーの美白有効成分、プラセンタエキスとグリチルレチン酸ステアリルがこのチロシナーゼの働きを抑えるんですよ。


久美

なーるほど! それは頼もしいですね。


室長

それから、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルという脂溶性ビタミンCやマツエキス(2)が活性酸素の発生を防いで増産体制を抑えます。マツエキスには役目を終えたビタミンCを再生する作用もあるんですよ。


久美

いろいろな方向からメラニン増産体制を止めるんですね。そしたら、日焼け以外のしみも抑えてくれるのですか?



美肌もシルキーにお任せ

室長

久美さんが心配するように、しみの原因にはいろいろあって、ホルモンの影響や精神的ストレスなどもメラニン増産のスイッチを入れることがわかっています。そういうしみは紫外線でさらに悪化することを考えると、日焼け以外のしみにも望みはありますね。そもそもお肌には、様々なダメージ防止のシステムが備わっているのです。角質層自体が紫外線を跳ね返したり、活性酸素を消してしまう酵素を作ったりしています。メラニンだって実は立派な紫外線吸収剤なんですよ。


久美

ただの『しみの素』ではなかったんですね! お肌ってすごいなァ。そっか、だから『バリア』なんだ。


室長

日に当たると肌が黒くなるのは、メラニンを増産して紫外線吸収力をアップするためなのです。お肌の調子が良ければ、一時的にメラニンがたまっても、自然に排泄されます。ただ長ーい夏の間には、汗をたくさんかいて保湿成分が減ってしまったり、酸化した化粧品や皮脂の刺激を受けたりしてだんだんお肌も疲れてきます。


久美

そういう時に、シルキーの美肌成分が働いてくれるとか?


室長

その通りです。お肌の調子を整えてダメージを減らしてくれるのです。プラセンタエキスはアミノ酸やタンパク質・ミネラルを豊富に含んでいるので、お肌を柔らかく元気にしますし、グリチルレチン酸ステアリルは敏感肌用化粧品にも使われるほどお肌に優しいのに、肌荒れはしっかり防ぎます。


久美

ほかにも保湿成分やハリ成分、そして何と言ってもこれらの成分を支えてお肌のベースを健やかに整えるレパゲルマニウムが入っているんですものね。ますます頼もしいなぁ!



ナノ粒子でサラッと保湿

室長

保湿には水分ばかりではなく、オイル分とのバランスがとても重要です。


久美

はい! その点シルキーには、良質のオイルもたっぷり配合されていますものね。それなのに全然油っぽくなくて、サラサラの使い心地ですよね。


室長

クリームの配合で作ったものをナノ化処理して、お肌の肌理より小さい粒子にしているからです。 それで濃厚なのにサラサラで角質層にスーッと沁みこむのですよ。


久美

美白成分と美肌成分とでお肌を整えて日焼けによるダメージを防ぐ! しかもサラサラ! シルキーエッセンスは夏にこそ使っていただきたいですね!


久美

本日のまとめ〈シルキーエッセンスの特長〉
◆美白に良い◆
美白有効成分がメラニン合成酵素の働きを抑えることでメラニン色素の生成を抑え、しみ・そばかすを防ぎます。
◆美肌にも良い◆
良質なオイルとレパゲルマニウムをはじめとする各種の美肌成分の働きで、バランスのとれた理想の保湿状態を保ちます。また、メラニン増産のきっかけとなる炎症状態を防ぎ、お肌を健やかに整えます。
◆ナノ化が決め手◆
クリームの配合をナノ化技術で超微細化し、サラサラの液体に。お肌にスーッとなじみ、美白成分と美肌成分を角質層に届けます。




PAGETOP
相談窓口 資料請求・ご購入
フリーコール