スキンケア研究室

2011年 夏
夏バテとお肌

冷やし方には要注意!?

ひなこちゃん

うーん、暑いです…


ノン子さん

本当に暑いわね。それにしても、暑いといっている割には、顔色が悪いわよ。


ひなこちゃん

実は…夕べあまりにのどが渇いたので、氷たっぷりのアイスティーを立て続けに3杯飲んじゃったのです…飲んでる時はとっても美味しくて、すっきりと眠りに着いたんですけど、朝起きたら食欲は無いし、顔はむくんでるし、身体はだるいし、もうヘロヘロです…


ノン子さん

あーあ、やっちゃったわね。完璧な夏バテね!


ひなこちゃん

ハア、これが夏バテなんだ…でも何故?水分補給しただけなのに…


ノン子さん

のどが渇いた時には水分補給が必要だけど、〝氷たっぷり〟ってところが敗因ね。


ひなこちゃん

中から冷やせば節電にもなる、と思ったんですが…


ノン子さん

その心がけは良かったんだけど、冷たい物はのど越しが良くてつい飲みすぎちゃうから後がこわいのよね。


ひなこちゃん

ここのところ、アイスティーを飲むのがすっかり習慣になってて…ああ、昨日までは大丈夫だったのにな…



夏バテ発生のシステム

ノン子さん

暑いときには、じっとしていても汗がにじんでくるわね。汗をかいて体温の上昇を防ぐためよ。こんな時、汗をかきたくないから、と水分を摂らないでいると、身体に熱がこもって、ひどい時には熱中症を起こし命に係わることもあるわね。だから水分補給は大切なんだけど、飲み方によって夏バテしてしまうのよ。


ひなこちゃん

エッ! どういうことですか?


ノン子さん

汗は、血液中の水分が皮膚の汗腺で濾しとられることによって作られるの。体内の水分が減ると汗をかけなくなるから、〝のどの渇き〟というサインが出て水分が補給されるの。暑い時には、身体の熱を逃がすためにたくさん汗を出さなければならないので、皮膚を流れる血液量も増えるのよ。でも困ったことに、その分胃や腸に行く血液が少なくなってしまうから、胃腸の働きも悪くなりやすいのよ。そんなところに、のどの渇きをいやす以上に大量の、しかも冷たい水分が入ってくると、胃が対処できなくなってしまうのよ。


ひなこちゃん

システムダウンですか? まさに今日の私ですね。


ノン子さん

摂りすぎた水分は下痢で急激に外に出されるか、胃腸にたまってゆっくり吸収されるの。


ひなこちゃん

吸収するなら良いのでは?


ノン子さん

そこに、問題があるのよ。たくさん汗をかいた時にはそれだけたくさんのナトリウムやカリウム、鉄分などが汗と一緒に失われてしまい、身体はミネラル不足になっているの。もしそこに水だけが入ってくると、血液がうすめられ、全身に広がった余分な水分はリンパ管や細胞間にむくみとしてたまるのよ。ミネラルが不足すると、消化液の分泌や自律神経の働きに影響するから、ますます食欲は減るし、だるくてやる気が出なくなったりするのよ。


ひなこちゃん

夏バテの完成ですね…



夏バテとお肌

ノン子さん

そして、私たちスキンケアに携わるものが忘れてならないことは、夏バテして具合が悪くなった時、一番被害を被るのはお肌なのだ、ということよ。


ひなこちゃん

それは聞き捨てなりません!これは、バテてる場合じゃないぞ!


ノン子さん

弱った胃腸では、十分に栄養が吸収できません。また、細胞の元になる栄養や、それをうまく利用できるようにしてくれるビタミンなどが供給されない とお肌の元気は保てないわ。それなのに、ようやくとれた栄養も〝身体が大変な時〟には、まず身体を整えるのに使われて、お肌は後回しになってしまうのよ。だから、夏バテ状態が続くと、お肌はどんどん元気を失って行くの。例えば、ビタミン不足がどんな影響をお肌に与えるか見てみましょう。


ひなこちゃん

これだけ見ても、大変ですね。私も早く何とかしないと、このままではお肌ボロボロで秋に突入だわ。



乳酸菌で秋を決める!

ノン子さん

お肌をボロボロにしないためには、スキンケアも欠かせないけど、身体の中からもお肌に良いことを積極的にして行きましょう! とにかく、普段から胃腸の調子を整えておくことが大切ね。水分を摂る時には、お腹を弱らせないために、できるだけ温かいものの方が良いのよ。どうしても冷たいものが欲しい時には、少しずつ口の中で温めるようにして飲んでね。


ひなこちゃん

爽快感を求めて、一気飲みしちゃいけないんですね。


ノン子さん

たまには良いけどね。お味噌汁やスープ、お茶だったらミネラル補給にもなるし、ぴったりよ。


ひなこちゃん

食欲がないときでも、そういうものなら摂れますね。


ノン子さん

ビタミン類もなるべく食事から、他の栄養分と一緒に摂った方が良いわ。それから、乳酸菌やオリゴ糖のようなお腹の味方になるものを続けて摂っている と良いわよ。お腹の調子が良ければ、緊急事態に陥りにくいし、万一の時にも立ち直りが早いのよ。


ひなこちゃん

乳酸菌かあ! 善玉菌の代表選手として、最近あちこちで活躍しているのを聞きますね。


ノン子さん

腸内環境を整えるだけではなくて、お肌に良いことをいろいろしてくれるのよ。たんぱく質や糖質の消化吸収を助けたり、余分な脂質の排泄を促したり、お肌に大切なビタミンB群の合成をしたり、それはそれはお世話になっているのよ。なんと、ミネラルの吸収率も上げてくれるのよ。乳酸菌が頑張ってくれていると、悪玉菌が抑えられてお肌を荒らす有害物質が減るし、身体にもお肌にも届けられる栄養素が増えるというわけよ。


ひなこちゃん

乳酸菌を味方に夏バテを防いで、秋に備えるゾ!



参考文献
・小川徳雄:汗の常識・非常識 汗をかいても痩せられない!, 講談社(1998)
・吉木伸子:美容皮膚科医が教える東洋美肌術, 筑摩書房(2003)
・日本乳酸菌学会 編:乳酸菌とビフィズス菌のサイエンス, 京都大学学術出版会(2010)
・WILLIAM F. GANONG : 原書11 版 医科生理学展望, 丸善株式会社(1984)
・安田利顕:美容の皮膚科学,南山堂(2004)


PAGETOP
相談窓口 資料請求・ご購入
フリーコール