ABOUTアサイゲルマニウムについて

アサイゲルマニウムQ&A

  • アサイゲルマニウムは何から造られているの?

  • 銅や亜鉛の鉱石、石炭などからゲルマニウムを取り出して、熱で溶かしたり、冷やして固めたりを何度も繰り返す事で純度を上げた「多結晶ゲルマニウム」というゲルマニウム元素の塊を原料にして、有機化し、造っています。
    中でもアサイゲルマニウムの原料に使うのは、測定器で純度が99.9999%以上であることを確認できた高純度のものです。

  • 有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウムはどう違うの?

  • 有機ゲルマニウムとは、ゲルマニウム元素(Ge)に炭素(C)が結合している化合物のことで、のように、化学構造の中に炭素を含みます。反対に、無機ゲルマニウムは構造の中に炭素を含まないゲルマニウム化合物です。
    例えば、ブレスレットやネックレスに使われている、ゲルマニウムだけでできているものは無機ゲルマニウムです。また、炭素を含まない構造の二酸化ゲルマニウム(GeO2)も無機ゲルマニウムで、摂取すると体内に蓄積し、健康被害を引き起こします。

  • ゲルマニウムは体に良くないと聞いたことがあるが、大丈夫?

  • 蓄積性があり、健康被害を起こす危険があるのは無機の二酸化ゲルマニウム(GeO2)です。厚生労働省より「ゲルマニウムを食品としてとる場合は、その安全性を確認してから摂取すること」と、注意を喚起する文書が出されています。アサイゲルマニウムは安全性試験(GLP適用試験・GLP準拠試験)が実施され安全性が確かめられている有機ゲルマニウムです。

  • アサイゲルマニウムと他社のゲルマニウムとは違いがあるの?

  • アサイゲルマニウムは「浅井一彦博士」によって世界で初めて創製され、株式会社浅井ゲルマニウム研究所でのみ製造されている有機ゲルマニウムです。極めて高純度のゲルマニウムを原料として独自の製法で製造されています。他に、二酸化ゲルマニウム(GeO2)よりつくる方法がありますが、製法の違いにより、有機ゲルマニウムの結晶や不純物などの違いがあることがわかっています。アサイゲルマニウムは安全性や品質管理、更に各種作用が確認され、今も研究が続けられています。

    尚、このマークが付いている製品にはアサイゲルマニウムが使用されております。

pagetop