ARTICLEAsai Foods通信

スキンケア情報室

2020.12.04

足のケアにも アクティスト

冬は足からやってくる?

  • 久美

    お早うございまーす。今日はお困り相談ではなくってうれしいお便りをいただいてまーす。

  • 室長

    おや、どんなお便りですか?

  • 久美

    『毎年、今頃からかかとやつま先のガサガサが始まり、ひどい時にはかかとがひび割れていたが、先日もらったアクティストモイストジェルとケア&リッチクリームの試供品を試しにつけてみたら、何だか良いみたい。』ということなんです。

  • 室長

    それは良かった。アクティストシリーズはお顔だけでなく全身に使えますが、お役に立てたようですね。

  • 久美

    実は私もこのお客様と同じ悩みがあったんです。冬はしょっちゅうストッキングを伝線させちゃったりして… 私、心はあったかいのですが、手足が冷える末端冷え性なんです。ガサガサもそのせいで仕方がないと思っていたのですが、今日のお便りで元気が出てきました。何でもっと早く気が付かなかったんだろう?

  • 室長

    足のガサガサで悩んでいる女性は年齢層を超えて結構いらっしゃるようです。体質も関係しますが、実はケア不足が原因していることが多いようですよ。

宿命のガサガサ?

  • 室長

    足がガサガサになりやすいのは、言わば人間が二本の足で歩き始めた時からの宿命なのです。

  • 久美

    何だか話が長くなりそうですが、なるべく手短にお願いします。

  • 室長

    はいはい。つまりその時から足は小さな面積で身体全体を支えなくてはならなくなりました。また、歩いたり走ったりするたびに地面から強い力を受けるので、それに耐えるために足の裏の角質層はとても厚くなったのです。かかとは最も厚く、100層以上も重なっているのですよ。

  • 久美

    顔が大体10層ぐらいだから、その10倍もあるんですね!

  • 室長

    なかなか詳しくなってきましたね。足の裏には水分補給と滑り止めのために汗腺は発達しましたが、皮脂腺がないので、脂質分と言えば角質層由来のものしか調達できずにいつも不足気味なのです。そのため汗が出にくく水分補給の少ない季節にはすぐに柔軟性もなくなりガサガサしてくるのです。

  • 久美

    まさに足のガサガサで冬を感じ取ってます。

  • 室長

    乾燥が続くと、かかとの様に角質層の厚いところではとても硬くなってしまい、歩く時に違和感を感じたり、何かの衝撃でひび割れしやすくなります。ひび割れてしまうと、厚みがあるがゆえに割れ目が大きくなって皮下組織まで至り、血が出たりひどく痛んだりするのです。

  • 久美

    考えるだけで痛くなって来ちゃいます。

  • 室長

    つま先も厳しい状況に置かれています。足の指は手の様に動かすことがほとんどありませんし、ただでさえ心臓から遠いので特につま先は血行が悪くなりがちです。さらに長時間靴を履いていると指の動きがより制限されますし、時には無理な力がつま先にかかり続けたりします。

  • 久美

    それでかかと程ではないにしても硬くガサガサになっちゃうんですね。

一日一度は足を見つめて

  • 室長

    つま先もかかとも皮膚には変わりないので、洗浄と保湿という基本のスキンケアで柔らかくすこやかに保つことができますよ。今からでも間に合います。お風呂で丁寧に洗うところからスタートです。

  • 久美

    そして保湿ですね。ジェルならのびが良いのでつけやすいし、べたつかないので良いですね。

  • 室長

    是非マッサージしながらつけてあげてください。かかとやつま先になじませるとしっとりしますよ。すべりが悪くなったらジェルをつけ足し、硬くなった足の筋肉をほぐして血行を促してあげましょう。靴の中で窮屈な思いをしていた指も良く伸ばしておきましょうね。

  • 久美

    今日からもっと足を大切にします。

足のケアで健康チェック!

  • 室長

    ところで、足裏には全身につながるツボがたくさんあるので、足のケアは足ツボマッサージにもなりますよ。

  • 久美

    でも、ツボって外れると効果が減ってしまうって聞きますが…

  • 室長

    足裏のツボはピンポイントではなくて、ある程度の広さがあるので押さえやすいのです。足裏全部がツボみたいなものなので、むずかしく考えなくても大丈夫です。

  • 久美

    あら、うれしい!

  • 室長

    逆に足裏に変な痛みがある時は、そこに該当する内臓が弱りかけているのかもしれません。全身の健康チェックにもなりますから、足のケアは侮れないのですよ。

  • 久美

    室長もなさってるんですか?

  • 室長

    もちろんです。おかげでアルコールの量を減らすことになってしまいました…

本日のまとめ

  • 久美

    足はトラブルが生じるまで忘れられやすいところです。意識してお手入れしてあげましょう。基本は洗浄と保湿です。
    ◆洗い方◆
    指と指の間・足の裏側の指の付け根・指と爪の間も石けんの泡で包み込むように洗いましょう。すすぎも指一本ずつのつもりで十分に。お風呂上がりは水気をしっかりふき取りましょう。アクティスト モイストジェル
    ◆保湿ケア◆
    アクティスト モイストジェルを多めにとって足全体に広げ、土踏まずや周辺部、 つま先やかかとを念入りにマッサージしながら馴染ませて下さい。この時古くなった角質がポロポロと取れてきたら、軽く払い落とすかお湯でサッと流し、もう一度ジェルをつけてあげましょう。乾燥がひどい時には、ジェルでマッサージした後、ケア&リッチクリームをたっぷりつけてみて下さい。靴下を履いてお休みになると、早くなめらかさがもどりますよ。この時、食品用ラップで足を包むと、より効果的です。

一覧へ戻る
pagetop